サプリメントの成分

数多く存在するサプリメントにはそれぞれ成分があり
きちんとした正しい読み方もあります。
ここではサプリメントの成分表示の正しい読み方を紹介させていただきます。
数あるサプリメントからどれを選ぶか悩んでいると思います。
ですが、成分量と価格だけでサプリメントを比較する事は間違いだったんです。

まずは食品の栄養表示について知っていきましょう。

加工食品の容器、包装に一括して表示しなければならない事項が
JAS法で定められています。
1、名称
2、原材料名
3、内容量
4、賞味期限
5、保存方法
6、製造業者等の指名、または名称及び住所

健康増進法に基ずく表示で必ず表示しなけれない事項は
当該食品の単位あたり(一食分、一包装など)の
カロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム
の各種5項目と
表示させたい栄養成分をこの順番で記載しないといけません。


栄養機能食品としての栄養成分の機能を表示できる食品は
ミネラル類5種類(亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム)
ビタミン類12種類(ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、
ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸)のいずれか
栄養機能食品の規格基準に適合したものになります。
規格基準に適合するというのは
一日あたりの摂取目安量に含む栄養成分量が
規格基準の下限上限量の範囲内で
当該栄養成分の機能表示にあわせて
当該栄養成分を摂取する上で注意事項を適正に表示する事をさします。

↑ ページの上部へ